子連れで猪苗代スキー場

 

休みが合わず、年1回正月のみスキーヤーです
   (平成12年12月30日から平成13年1月1日、猪苗代スキー場

突然行くスキー

  年末年始に数日間の休みがあるものの、
  初売りの仕事があったりで、直前まで、
  予定が立たない正月。
  突然行くのを決めて、慌てて空いている宿を探して、
  突然出かけて行く、というスタイルです。
  今回は、夏休みに泊った民宿の空き状況をインターネットで調べて、
  メールで問い合わせて、電話で予約して、出発でした。
  (今回使用の自動車はパイザー4WD)

子供はスキーレッスンに挑戦

  猪苗代スキー場は下の方も広く、子供を遊ばせやすいスキー場でしたが、
  今回は、ぜいたくにも、子供の個人レッスンに挑戦。
  短い時間でしたが、小学1年生が1人で滑れるようになってしまったので、
  効果を考えると割安かと思いました。

やはりチェーンは必要か?

  3日間の日程のうち、最初の2日間は宿のバスでスキー場まで送迎してもらいましたが、
  3日目はスキー場から直帰するため、自分の車でスキー場まで上ってみました。
  坂がきついところがあるのと、2日間とも坂の途中で滑ってる車を見かけたことから、
  念のためチェーンを装着して走行しました。
  走りつづけるだけならチェーンは要らないと思いますが、
  坂の途中で一旦停止してしまうとあとの走り出しに苦労するので、
  やはりチェーンは必要と思います。

平成13年末も、年1回正月のみスキーヤー?
   (平成13年12月30日から平成14年1月2日、猪苗代スキー場

子供はスキースクールに挑戦

  小学2年生はスクール半日コースに2日間、挑戦。
  ボーゲンですが、自分で自由に滑れるようになりました。
  幼稚園児(年長)はプライベートレッスン1時間の後、個人練習を積み、
  何とか滑れるように。翌日スクール半日コースに頼み込んで入れてもらい
  (幼稚園児は一人でリフトに乗れないことが多いため、原則は
   プライベートレッスンだそうです)
  ボーゲンで旋回可能になりました。残る課題は転倒後ひとりで立てるようになることです。
  (今回使用の自動車はネイキッド4WD ABS付き。スキーキャリアはRV-INNO)

子供連れにおすすめ、猪苗代スキー場

  小さな子供のいる家族には、猪苗代のミネロエリアがおすすめです。
  理由は、下部の平地が広く、ソリ遊びをしても安全な点。
  でも、食堂等のレストスペースは新しくて良い施設のため、
  若干、料金が高いかも。が・・・。
  

 

子供連れのドライブ


knasadaのページ目次へ

ホーム 上へ 子連れでハンターマウンテン塩原 子連れで猪苗代スキー