薩摩郡の温泉

温泉愛好家knasadaがかつての転勤先薩摩地方で入浴した温泉を
ご紹介します。

市比野温泉

この温泉は九州内ではお色気面で有名ですが、
お湯が良く、家族向けの宿もあり、料理自慢の宿もある、
なかなか本格派の温泉です。
泉質はさらっとしているものの、肌がどんどんつるつるになる、
温泉成分の強いお湯です。源泉温度も高かったと思います。
お風呂も、町営浴場(たぶん2ヶ所)(100円か200円で入れる)から
各旅館・ホテルのお風呂の入浴のみ利用、長屋方式の家族風呂など、
ニーズに合せて選べます。
その中で、knasadaが入った温泉は、
観光ホテルサンライト市比野、世界一温泉の2つです。
料理を味わった宿は、サンシャイン和光、割烹ホテルきくすい館
の2つです。

入来町の温泉(入来温泉・諏訪温泉)

入来町のお湯は、市比野のお湯に比べて
さらに温泉成分が強いような気がします。
また湯温も非常に高いところがあります。
旅館や町営浴場があり有名なのは、入来中心街にある入来温泉ですが、
メジャー嫌いのknasadaが入ったのは、
朝陽(?)小学校そばの入来温泉センター、
愛宕山のふもとにある秘湯といっていい諏訪温泉、
入来中学校そばのお医者さんにある「もんじょの湯」の3つです。

宮之城町の温泉

宮之城町付近(宮之城町・鶴田町)の温泉では、
宮之城温泉、紫尾温泉が有名ですが、
knasadaが利用した温泉は、
宮之城市街地近くの、つる乃湯(?)(ちくりん温泉?)です。 ここは家族風呂中心で、ペット風呂もあったように思います。
また、温泉スタンド(温泉パイプからタンクに積んで持ち帰る)も この温泉か、または、すぐ近くの温泉にあったと思います。
記憶が薄れてきていて、すみません!

いむた温泉

入来町の北にある藺牟田町。観光ポイントとしてはいむた池が有名で、
宿泊施設もいむた池がお勧めですが、いむた池から少し東に行くと、
温泉旅館が何軒か集まる温泉街があります。
knasadaが入ったお湯は、町営で入浴100円と大変安い!、
さざらし(砂石)福祉会館です。

菱刈町の金太郎温泉

泉質が非常に良く、疲れがとれる温泉です。
大口市北部の菱刈町の湯尾温泉街のそばにあります。
ちなみに湯尾温泉は、世界最大級の産出量を誇る菱刈金山から
湧き出すお湯を供給源をしているという話を聞いたことがあります。
これは従来の泉源が、金山掘削により、湧出ストップして、
金山内にお湯が流れ出したため、とられた措置と聞いたような気がします。
ところで、この金太郎温泉は、今もお湯が湧き出しており自家供給との
ことです。
家族風呂を中心に、男湯、女湯もあります。
家族風呂にはジャグジー付きの部屋もあります。




knasada「私の温泉作法」へ

knasadaのページ目次へ

[ 九州地方の甘い醤油 ] [ 焼酎(鹿児島編) ] [ 川内市内の温泉 ] [ 薩摩郡の温泉 ] [ 南九州の温泉 ] [ 山鹿温泉 ]

ホーム 上へ 九州地方の甘い醤油 焼酎(鹿児島編) 川内市内の温泉 薩摩郡の温泉 南九州の温泉 山鹿温泉