働いたり住んだりした町:
西那須野(栃木県 那須地方)

国会移転の話もあった、栃木県那須地方。
knasada
の職場と別邸(?)がありました。

 

 

西那須野での仕事(平成13年4月から平成14年9月まで)

栃木県に移住して3年、宇都宮で仕事をしていましたが、
西那須野に異動となりました。
那須地方は以前から住んでみたいと思っていたところ、
限られた時間の中でいろいろ見てみましたが、
平成14年10月に再び宇都宮での仕事に戻りました。

西那須野の住宅事情

転勤族にとって気になる借家事情。
西那須野は郊外型の店舗が立ち並び、なかなか便利なところです。
ちなみに西那須野の物件は2LDK約6万円で、駐車場は別途1台2000円程度です(当時)。
ワンルーム物件は早めに頼んでおかないと確保が難しいそうです(当時)。

観光地のどまんなか

那須地方は、那須の山々、那須温泉、塩原温泉、奥の細道ゆかりの地
など、多くの観光地があります。
GW
、夏休みなどは、東北自動車道の那須・黒磯インターは渋滞の列で、
なかなか、料金所にたどりつかないようです。
仕事をする時も、抜け道を使ったり、渋滞の時間帯をはずしたり、
いろいろ工夫が必要です。
しかし、車で移動中、窓の外に見える、雪を頂いた那須の山々は見事です。

 <東北自動車道渋滞の場合の抜け道>

   抜け道1

     西那須野町→国道4号線北側の道路を西へ→
       メイフラワーGCの横を通るルートで矢板市泉→
       →矢板温泉を経て、塩谷町→
       上河内町を経て宇都宮(田原街道)

   抜け道2

     抜け道2も混んでいる時は、
       西那須野から大田原市佐久山へ→
       佐久山から氏家町→
       氏家町蒲須坂または馬場付近で国道4号線に合流
       →それでもまだ混んでいる時は、
         高根沢町、芳賀町を経て、宇都宮

那須地方と「奥の細道」

那須地方は、関東の北の端に位置し、
北隣は東北(福島県)です。
東北と関東を分けている場所のうちの一つが、
芭蕉も訪れた、という、「白河の関」です。
白河の関を経る旅であった「奥の細道」では、栃木県内を
現在の栃木市や日光市、那須地方などに足跡が見えますが、
中でも那須地方の黒羽(現在の那須郡黒羽町)は、
芭蕉が最も長く逗留したところだそうです。
那須地方で、芭蕉が訪れた歌枕で、おすすめのポイントは、
遊行柳(ゆぎょうやなぎ)(那須郡那須町芦野)。
白河の関に向かう道沿いの小さな場所ですが、
西行にも詠まれた、不思議な雰囲気の漂うところです。
近くの山中にある、芦野温泉は、地元の人によると、よく効く温泉だそうです。
(テニスもできるので、テニス合宿にも向く?)

 

 

 


knasadaのページ目次へ