我が家のうつわ

我が家にころがっている器たち・・・

 

 

 

 

うつわ1


片口を集めてみようと思っているのですが、
なかなか売っていないし、売っていたとしてもたいてい高価です。
値段もそこそこで我が家に来た片口その一、済州島産の青磁。
内側にムラがあるので安かったものと思われます。

うつわ2


会津塗りの片口。裏磐梯で安く売られていました。
たぶん口の内側に塗り傷があり、安かったのでは・・・?

ぐい呑みたち・・・



円錐形の杯は、薩摩焼で「そらきゅう」。
円錐形で下に置けず、おまけに底には穴があいていて、
飲み干さないわけにはいきません。

益子焼のとくりは、電子レンジでちょっとお湯を沸かすのに
使っています。使っているうちに口が欠けてきました。

大きいぐい呑み(湯のみ?)は、栃木県に住んでいる知り合いの方が
自ら焼かれたものをくださいました。

さら


薩摩焼はなかなか高価であまり手に入れられなかったのですが、
これは、坂の上の方のお店で、窯元まつりのときに求めたものです。

 

 


knasadaのページ目次へ

ホーム 辛いもの 関西の食べ物 関東の食べ物 九州・沖縄の食べ物 私の温泉作法 我が家のうつわ 行ってないスキー 80年代POPS 西那須野(栃木県) 宇都宮(栃木県) 川内(鹿児島県) 池田(大阪府) 加古川・高砂(兵庫県) かるも・しりいけ(神戸市) 訪れた町 子供連れのドライブ knasadaリンク集 検索ワードランキング プロフィール