子供連れのドライブ

乳幼児/小学生低学年のお父さんお母さん方、
お子さま連れのレジャー、なかなか大変でしょう?
我が家の失敗談、経験談、思い付くまま、
記録してみました。何かの役に立つでしょうか?

 

子供連れの旅行の注意事項・失敗談

玉砂利のある部屋は・・・。

 とある料理旅館に泊まった我が家。

築年数は古いようですが感じの良い部屋、そこには、

床の間の横に玉砂利の敷き詰められた空間が・・・。

玉石は我が家の1歳児の「えじき」に。

畳の上にばらまかれる玉砂利、拾い集める親たち。

玉砂利のある部屋は避けましょう。

家族風呂利用可能な旅程を。

            乳幼児連れの入浴はなかなか大変なもの。

            家族風呂利用可能な施設で入浴を済ませるか、

            家族風呂、貸し切り風呂のある宿を利用しましょう。

            家族風呂が利用できない場合は、お父さんお母さんの連係プレーで

            入浴します。父または母が子供を連れて入浴し、

            子供だけをまず入浴させ、子供を母または父の待つ部屋に連れ帰ります。

            そのあと父または母が1人でゆっくり入浴。

            そして留守居役の母または父と交代します。

ガソリンは小出しに給油。

 トイレの近い子供たち。ガソリンは小出しに入れ、

給油のたびにトイレに行かせましょう。

携帯トイレ、多めのお着替えも、念のため持っておきましょう。

お風呂嫌いになってきた子供は・・・。

            我が家の次男は温泉好き、でも長男が5歳ごろから公衆浴場嫌いに・・・。

            次男を温泉に連れていってやりたいし、長男は嫌がるし・・・。

            そんな時は、両者妥協の策、プール付きの温泉を利用しましょう。

            ちょっと高かったり、循環式の温泉で塩素くさかったりするのが、

            難点ですが、全く行かないよりはいいでしょう。

夕食付きの宿の食事は・・・。

 お子様ランチ風の食事を用意してくれる場合がほとんど・・・。

 好き嫌いなく残さず食べる子供に躾るのが一番だと思いますが、

子供のリズムは大人とはちょっとずれているもの。

念のため「ふりかけ」は持参しておきましょう。

子供の食べきれなかった食事はもちろん親のお腹の中へ。

親の食事は昼から常に軽めに手配し、子供の残り物に備えましょう。

 

 

子供連れのスキー(ハンターマウンテン塩原)         子供連れのスキー(猪苗代)

子供連れドライブ番外編「キャンプに挑戦」


[ キャンプに挑戦(小学低学年編) ] [ キャンプに挑戦2(小学4年&2年編) ]

knasadaのページ目次へ

ホーム 辛いもの 関西の食べ物 関東の食べ物 九州・沖縄の食べ物 私の温泉作法 我が家のうつわ 行ってないスキー 80年代POPS 西那須野(栃木県) 宇都宮(栃木県) 川内(鹿児島県) 池田(大阪府) 加古川・高砂(兵庫県) かるも・しりいけ(神戸市) 訪れた町 子供連れのドライブ knasadaリンク集 検索ワードランキング プロフィール